アポハンターにも種類がある?電話のみでアポ?それ以外のアポ取りは何をしている?

2020年7月1日

リストをもとに電話のみでアポを取る

営業部に配属されたての新入社員の仕事に電話でのアポ取りがあるかもしれません。先輩の営業社員は提案やクロージングなどの活動がありますが、新入社員にはまずは電話を通じて営業活動を覚えてもらう意味があるのでしょう。ただ時間をかけてアポ取りをさせてもなかなか取れないのが現実でそこから商談に持っていけるのはほんの少しかもしれません。本格的に電話でのアポ取りをしようと考えるなら専門の業者への依頼をした方がいいでしょう。プロは電話で相手の心をつかむテクニックを持っていますし、見込みのない相手もすぐにわかります。ダラダラと無駄に電話をするのではなく、見込みがありそうな相手にポイントを絞ってくれるのでリストからアポが取れる確率が大幅にアップするでしょう。

いろいろな段階を踏んでアポを取る

かつての営業と言えばアポなしで直接訪問する飛込などがあり、労力の割には非効率な方法とされていました。最近は事前にアポを取って見込みのある相手に商談をする方法が一般化しつつあり、営業のIT化を進めている会社だと新人でもベテラン並みの営業成績をあげたりするようです。ただアポを取るまではそれなりに大変で、新規の相手だとなかなか取れないときもあります。営業代行としてアポハンターがありますが、アポの取り方を業者にすべて一任するものもあります。アポハンターの中には電話コールのみのところもありますが、DMの発送やイベントの開催などを通じてアプローチをした上でアポを取ってくれそれを引き渡してくれるところもあります。アポを取るまでとその後を分け、自社社員をアポ取り後の業務に集中させられます。

営業代行とは、ある企業が保持する商品・サービスの販売業務を、他社が請け負うサービスのことです。開発に注力しておりいい製品を開発しているが売り上げが良くない企業は、一度利用してみると良いでしょう。