ビジネス目的でレンタルオフィスを初めて契約する時はこんなところをチェックしよう!

2020年7月1日

自社のビジネスに適した立地かどうか慎重に判断しよう

レンタルオフィスは、一般的な法人向けの貸事務所やオフィスビルと比べると契約期間を柔軟に設定しやすいことや、必ずしも保証人が必要ないことなどから、様々な業種の企業の間で需要が高まりつつあります。そうした状況の中、ビジネス目的で初めてレンタルオフィスを契約したい場合には、いくつかの管理会社の物件情報を参考にしながら、自社の扱っているビジネスの内容に適したリ立地かどうか判断することが重要です。また、駅の周辺やオフィス街といった立地条件が良い物件については、他のエリアと比べて契約時に高額な初期費用が掛かったり、なかなか空室が出なかったりすることもあるため、余裕を持って物件選びを始めることがポイントです。

日々の業務に便利な設備が整っている物件がおすすめ

レンタルオフィスで快適に業務をこなすには、日々の業務に便利な設備が整っている物件をメインに探すのがおすすめです。たとえば、コピー機やプロジェクター、ノートパソコンなどの高価な機器だけでなく、デスクやチェアなどのオフィス家具が揃っている物件については、入居者募集の開始からわずかな期間で契約者が決まってしまうこともあります。管理会社によっては、契約時に別料金のオプションプランを選択することで、必要な物品を全て手配してくれるところもあります。なお、都市部を中心に増加している新築のレンタルオフィスの中には、バリアフリー設計が取り入れられているものも多くあり、様々な立場の社員が安心して仕事に取り組める環境が整っています。

事業者の方向けに提供されているのが、福岡の賃貸事務所です。事業を始めたばかりの方はもちろんのこと、フリーランスの方でも借りられます。